金融用語辞典
更新日:20151031

山高ければ谷深し

 代表的な相場の格言のひとつです。大相場で株価が急騰した後、いったん下げに転じた場合は、人気化していた分、利食い売りが殺到するため、大きく下げることが多いというわけです。相場に変動はつき物ですが、急騰している銘柄にはつねに冷静な目を持って対応しなければなりません。逆に急落していた銘柄が反発したときは、“谷深ければ山高し”ということで、大幅に値上がりしがちなものです。
戻る