金融用語辞典
更新日:20151031

安物買いの銭失い

 安物はその分品質が悪いため使い物にならず、結局損をしてしまうということです。株の世界に当てはめてみると、ただ株価が安いからといって買ってはだめですよと言う教訓になります。株価がなぜ安値に放置されているのか、その原因がきちんと把握されていないと危険極まりないからです。株価が安い理由は様々です。経営がうまくいかず利益の見通しが悪く、配当もしていないとか、会計上に不正があった、操業上の事故があった、消費者の信頼感を失ったとかいろいろありますが、株安の原因が明らかでその改善の見込みがある場合以外は投資しないほうが無難でしょう。個別株の動きが相場全体や同業他社と著しく異なって安くなっているような場合はその理由を良く確かめて、安易に飛びつかないほうが良さそうです。ともかく値段だけに惚れるのは危険です。
戻る