金融用語辞典
更新日:20151031

もうはまだなり、まだはもうなり

 代表的な相場の格言のひとつです。株価が上昇してきて、もうピーク、天井だろうと思って売ると、株価はまだまだ上がり続ける場合が、よくあります。一方、下落してきて、そろそろボトム、底だろうと思って買うともっと下がることもあります。“もうはまだ”なわけです。逆に、“まだはもうなり”は、まだ、天井じゃないだろうと売らずにいると、下がりだし利食いのチャンスを逃す、あるいは、まだ大底ではないなと思って買わずにいると急反発したりするものです。まだは、もうだったわけです。投資をする場合は、人気やムードに流されず、冷静に相場のトレンドと変化のタイミングを把握することが大事と言えるでしょう。
戻る