金融用語辞典
更新日:20151031

麦わら帽子は冬に買え

 麦わら帽子は夏のものですから、冬にはまるで見向きもされず、シーズンオフで買おうと思えば安く買えるという格言です。株の世界に当てはめてみれば、時流にはずれて投資家の関心から遠ざかっている銘柄は、その時こそ、絶好の仕込み場だというわけです。株価はずっと同じ価格帯にいるわけではありません。中長期で見ればどこかで必ず動いてきます。そこで、人気の圏外にあって株価が安く放置されている時に買っておけば大きく儲けられるという理屈です。もっとも、株価が安値に放置されているには、それ相当の理由がある場合が少なくありません。何か悪材料が潜在していないかどうかを慎重に調べることが肝要です。
戻る