金融用語辞典
更新日:20151031

天井知らず、底知らず

 投資家としては、最安値(底)で買って、最高値(天井)で売りたいと思うものです。しかし、底とか天井は後で振り返って分かるものです。相場のまっただ中にいる時は、株価は上がっていると、まだまだ上がるのではないか、下がっている時はまだまだ下がると思いがちなものです。天井とか底にこだわりすぎると、せっかくのチャンスを失うことになりかねません。冷静にトレンドを把握して行動する必要があると思います。
戻る