金融用語辞典
更新日:20151031

提灯をつける

 株式市場で、特定の銘柄が大きく動いていて、そのバックに大口投資家や仕手がいると思われる時、その動きに付いていくことです。提灯行列に付いていくといった意味からきているようです。仕手とは、大量の資金で個別株の売買をして自ら相場をつくり出している投資のプロで、集団を組んでいることもあります。株価をつり上げておいて、最終的には高値で売り抜けようとするわけですから、提灯買いはその格好の餌食となって、買っていったところが、天井で、仕手に売り逃げられた後、株価が急落、といった事態にもなり兼ねませんから気をつけなければいけません。
戻る