金融用語辞典
更新日:20151031

木をみて森を見ず

 物事の細かい部分にばかり気をとられて、全体を見ていないので、大局的な判断を誤ってしまうたとえです。投資の世界で見てみると、人は自分が持っていたり、これから買ってみようかなと思っている銘柄の細かい値動きや材料だけに関心が集中してしまい冷静で客観的な判断が出来にくいものになりがちです。その投資行動が的を得たものかどうか、どこまできたら反対売買をして利を確定しようか、などは適切な比較、判断基準がなければできません。その基準は、相場全体の流れであったり、同業他社の株価の動きであったり、いずれにしても個別株の範囲より大きなものでなくてはなりません。
戻る