金融用語辞典
更新日:20151031

株を買うより時を買え

 株式投資をする場合、どの株を選ぶかはもちろん大事なことです。しかし、それ以上に大切なことは、売買のタイミングを間違えないことです。相場の流れを良く見極めて、出来るだけ安い時に買って、出来るだけ高い時に売りたいものです。どんなに良い銘柄でも株価がかなり高くなってから買えば、大きな利益は得られないどころか損もしかねません。また、時という言葉には、季節とか何か事が起きた時という意味もあります。季節に注目するのは、夏場に売り上げが急増するといったシーズンストックの場合、季節はずれの時期に株は仕込んだほうが良いと言う意味です。また、何か事が起きた時とは、天災やどこかで戦闘が勃発するといったことで、相場全般が急落したような場合、業績面に大きな影響がなければ株価は反発してくるでしょうから絶好の買いのタイミングとなるわけです。
戻る