金融用語辞典
更新日:20151031

買いたい弱気、売りたい強気

 買いたい時は、本来強気のはずですが、現在の株価よりも多少なりとも安く買いたいという気持ちで、株価の値下がりを望むようなります。なかには、その思いが次第に強くなって、実際に株価の低下を予想して信用取引で空売りをするような例も出てくるほどです。いずれにしても、安く買いたいという気持ちで弱気になっているわけで、買い損なう可能性が高くなると思われます。売りたい強気は、その逆で高く売りたいということで、一時的に強気になっているケースです。
戻る