金融用語辞典
更新日:20151031

悪材料出尽くしは買い

 株価は、好材料が出れば上昇し、悪材料が出れば下がるのが普通です。ところが、悪材料が次から次に出て、株価が長期的な下落局面となった場合、最終的には安値圏で、ほとんど値動きがない状態(陰の極)、まで到達します。ここまでくると、悪材料が出ても、それ以上下げず、むしろ逆に上がったりすることもあります。悪材料が出尽くしたことを示唆しており、株価が大きな転換点にあって、絶好の買いチャンスがきていると言えるわけです。
戻る