金融用語辞典
更新日:20151225

預金保険制度

 よきんほけんせいど
 預金保険制度とは、金融機関の経営が破たんし、預金等の払戻しが停止、もしくは停止するおそれがある場合に、当該金融機関に代わって預金者の保護を図るとともに、信用秩序の維持を目的に設けられた制度のことです。日本国内に本店がある金融機関(銀行、信託銀行、長信銀、信用金庫信用組合労働金庫など)は、その預金額に応じて一定の保険料を預金保険機構に納付することが義務付けられています。また、民営化後のゆうちょ銀行や郵便局の貯金も対象となります。
 金融機関が破たんした場合、利息のつく普通預金・定期預金・定期積金・元本補てん契約のある金銭信託・金融債などの一般預金等については、預金者一人当たり1,000万円までの元本とその利息が保護の対象となります。また、当座預金・利息のつかない普通預金などの決済用預金は、全額保護の対象となります。なお、外貨預金、譲渡性預金、金融債などは預金保険の対象外です。
 普通預金  ペイオフ方式  決済用普通預金  流動性預金  労働金庫  信託銀行  信用金庫  信用組合  当座預金  ゆうちょ銀行  預金保険機構  預金
戻る