金融用語辞典
更新日:20151225

要約仮目論見書(投資信託)

 ようやくかりもくろみしょ
 要約仮目論見書とは、有価証券届出書(目論見書)の内容を省略または要約したもので、投資家にわかりやすい情報を提供することを目的に作成・使用されているものです。なお、2004年12月の改正証券取引法の施行と、特定有価証券開示府令の改正により、要約仮目論見書に関する規定が削除されたことから、要約仮目論見書は、現在、目論見書以外の資料(金融商品取引法上の開示書類ではなく販売用資料)と位置付けられています。
 投資信託説明書(目論見書)  信託財産  投資信託  有価証券届出書
戻る