金融用語辞典
更新日:20130816

投資信託協会の商品分類

 とうししんたくきょうかいのしょうひんぶんるい
 投資信託協会では、目論見書の表紙等に記載する投資信託の商品分類をよりわかりやすくし、投資家の商品選択の利用に資するため、商品分類に関する指針を制定しています。この商品分類は、「単位型投信・追加型投信の区分」「投資対象地域による区分(国内、海外、内外)」「投資対象資産による区分(株式、債券、不動産投信(リート)、その他資産、資産複合)」を組み合わせたものとなっています。
 また、当該投資信託が、MMF(マネー・マネージメント・ファンド)、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)、ETF(上場投資信託)に該当する場合はその分類を、インデックス型または特殊型(ブル・ベア型、条件付運用型、ロング・ショート型/絶対収益追求型、その他型)に該当する場合には当該事項を表示することとされています。
 リスクとリターンの関係による商品分類(RR分類)  株式投資信託  公社債投資信託  追加型株式投資信託の分類  追加型公社債投資信託の分類  投資信託協会  投資信託の分類
戻る