金融用語辞典
更新日:20150325

道府県税

 どうふけんぜい
 道府県税とは、地方税法に基づき、地方公共団体が課する地方税のうち、道府県が課税主体となるものをいいます(同法第2条)。道府県税の税目には普通税目的税があり、普通税には、道府県民税事業税、地方消費税、不動産取得税、道府県たばこ税、ゴルフ場利用税、自動車税、鉱区税等と法定外普通税が、目的税としては、自動車取得税、軽油引取税、狩猟税等や、水利地益税などの法定外目的税があります(地方税法第4条)。なお、都税については、地方税法の道府県に関する規定がそのまま都に準用されることになっています(第1条2項)。
 不動産取得税  普通税  目的税  自動車税  市町村民税  事業税  地方公共団体  道府県民税
戻る