金融用語辞典
更新日:20130405

特定口座における譲渡損等の計算例(株式投資信託)

 とくていこうざにおけるじょうとそんとうのけいさんれい(かぶしきとうししんたく)
 個人投資家のAさんは、公募の追加型株式投資信託(当初1口=1万円、購入時手数料等2.1%)を個別元本10,000円で、特定口座の源泉徴収選択口座で10口保有しています。Aさんは、同ファンドが大きく値下がりしそうだと考え、2014年3月に基準価額9,000円のときに、換金しました。当該特定口座で、年初から10万円の譲渡益があり20,315円源泉徴収されており、換金手数料や換金時に信託財産留保額の徴収がなく、換金時の個別元本は10,000円とした場合、Aさんの手取額等はいくらになるでしょうか。
 換金した場合の譲渡損益の額は、原則として、換金価額から換金時の個別元本に購入時手数料等を加えた額を差し引いた金額となります。そのため、譲渡損益の額=9,000円×10口−10,210円×10口=▲12,100円となります。これにより、年初からの累計の譲渡所得等の金額(源泉徴収口座内通算所得金額=10万円−12,100円=87,900円)が、その取引があるまでの累計の譲渡所得等の金額(源泉徴収口座内直前通算所得金額=10万円)を12,100円下回っていることから、源泉徴収されていた金額の一部である2,459円還付を受けることができます。これにより、Aさんの手取額=9,000円×10口+2,459=92,459円となります。
 MRF(マネー・リザーブ・ファンド)  配当所得  買取請求(投資信託)/解約請求(投資信託)  確定申告(所得税)  株式投資信託  個別元本(投資信託)  公社債投資信託  個別元本(追加型株式投資信託)  個別元本(追加型公社債投資信託)  財形年金貯蓄等の非課税制度  受益者(投資信託)  障害者等の少額貯蓄非課税制度(障害者等のマル優制度)  譲渡所得  所得税  税金  税率  損益通算  損益通算(株式等の譲渡所得等)  単位型投資信託  中期国債  中期国債ファンド  追加型投資信託(オープン型投資信託)  投資信託
戻る