金融用語辞典
更新日:20151018

投資信託協会

 とうししんたくきょうかい
 投信会社、委託者非指図型投資信託の受託会社である信託会社等ならびに投資信託の販売会社(証券会社および登録金融機関)は、投資家保護を図るとともに、投資信託の健全な発展に資することを目的として、投資信託協会と称する民法上の公益法人である公益法人金融商品取引業協会を設立しています。投資信託協会の主な業務は、次のようなものです。
 
投資信託協会の会員に、法律その他の法令の規定を遵守させるための指導、勧告その他の業務
資産の運用の適正化その他投資家保護を図るために必要な調査、指導、勧告
受益証券等の売買その他の取引を公正ならしめ、投資家保護を図るために必要な調査、指導、勧告その他の業務
投資家等からの苦情の解決
投資家等に対する広報その他協会の目的の達成に必要な業務
 投資信託協会は、その業務に関する規程を定め、内閣総理大臣の認可を受ける必要があります。この業務規定は、投資信託制度の実際の運営を規制する上で重要な役割を果たすものです。なお、投資信託協会に対しては、その他の面でも内閣総理大臣による種々の監督規定が設けられています。
 委託者非指図型投資信託  発行開示  継続開示  公益法人  信託財産  証券会社  投資信託  投資信託評価機関  登録金融機関
戻る