金融用語辞典
更新日:20150225

テレホンバンキング

 テレホンバンキングとは、電話を利用して、金融機関に行かなくても預貯金等の残高照会や振込み・振替、住所変更などの取引や手続きができるサービスのことです。音声による自動応対とオペレーターによる応対があります。利用するには、あらかじめ金融機関に申込みをしておきます。原則利用手数料はかかりません。ただし、サービスの内容や実際の取引手数料などは各金融機関によって異なります。
 このほかに、インターネットを利用するインターネットバンキングやモバイルバンキングもあり、振込手数料などは金融機関の窓口で行う場合よりも安くなる場合が多いようです。こうしたサービスは、金融機関に行くことができない場合などに利用できるほか、わざわざ金融機関まで出掛けて行く時間や交通費の節約にもなる便利なサービスといえます。
 インターネット・バンキング
戻る