金融用語辞典
更新日:20180329

つみたてNISA

 つみたてにーさ
 つみたてNISAとは、2018年1月から導入された新たな非課税制度のことです。2017年3月27日に、「所得税法等の一部を改正する法律案」が国会で可決・成立し、同年3月31日に政省令とともに公布され、つみたてNISAの導入が正式に決定しました。
 一般NISA口座と同じ20歳以上の国内居住者等を対象に、年間投資上限額40万円、非課税保有期間20年、投資(商品購入)可能期間20年(2018年〜2037年)とする非課税制度です。商品の購入方法としては、累積投資契約に基づき、予め定めた銘柄を定期的に継続して購入します。投資対象商品は、一定の要件を満たす公募株式投資信託およびETFとされています(個別株やREITは対象外)。
 なお、NISA口座については、同一年において、一般NISAとつみたてNISAを併用した投資は行えず、年ごとに一般NISAの投資枠か、つみたてNISAの投資枠かを選択する必要があります。また、NISA口座を開設する金融機関については、従来どおり年単位で変更可能ですが、同一年に商品を購入できるNISA口座は1人1口座のみであり、一般NISAの投資枠か、つみたてNISAの投資枠のいずれかに限られます(相互間の商品の移管は不可)。
項 目摘 要
制度を利用可能な人その年の1月1日現在において20歳以上の居住者等
投資対象商品一定の要件を満たす公募株式投資信託・ETF
非課税投資額年40万円
非課税口座開設可能期間2018年(平成30年)〜2037年(平成49年)の20年間
投資方法契約に基づき、定期かつ継続的な方法で投資
 非課税適用確認書(NISA)  非課税管理勘定(NISA)  非課税口座受入れ可能商品(NISA口座受入れ可能商品)  非課税となる上場株式等の配当等(NISA)  非課税期間(NISA)  少額投資非課税制度(NISA)
戻る