金融用語辞典
更新日:20160606

追加型株式投資信託の個別元本方式

 ついかがたかぶしきとうししんたくのこべつがんぽんほうしき
 個別元本とは、追加型株式投資信託の各受益者がファンドを購入した時の基準価額のことをいいます。また、同じファンドを複数回に分けて購入した場合の元本は、追加購入を行う都度、受益権口数で加重平均して算出します。ただし、外枠手数料およびそれに伴う消費税等は含まれません。このように、追加型株式投資信託においては、同一のファンドでも、受益者ごとの個別元本は異なってきます。また、決算時に元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、その受益者の個別元本は元本払戻金の分、低下します。
 収益分配金に係る税金(株式投資信託)  各受益者の個別元本  基準価額  信託  追加型公社債投資信託の個別元本方式
戻る