金融用語辞典
更新日:20160606

追加型公社債投資信託の個別元本方式

 ついかがたこうしゃさいとうししんたくのこべつがんぽんほうしき
 追加型公社債投資信託の個別元本とは、追加型公社債投資信託取得時の買付単価(基準価額)のことです。外枠手数料やそれに伴う消費税は、個別元本の額には含まれません。なお、同一受益者が同一ファンドを複数回取得した場合には、その都度、受益者の個別元本の額は修正(移動平均により再計算)されます。また、追加型公社債投資信託においては、当初元本価額(1万円)以下の価額でしか追加設定されず、収益の分配は当初元本超過額しかされないことから、収益分配金の支払い等による個別元本の修正はありません。
 各受益者の個別元本  基準価額  公社債投資信託の収益分配金に係る税金  収益  収益分配金  消費税  中期国債ファンド  追加型株式投資信託の個別元本方式
戻る