金融用語辞典
更新日:20130801

追加型株式投資信託の購入時手数料等

 ついかがたかぶしきとうししんたくのこうにゅうじてすうりょうとう
 当初募集時以降も継続して購入できる追加型株式投資信託の購入時手数料等は、通常外枠制で、購入時の基準価額(購入時に信託財産留保額がかかる投資信託の場合は、当該基準価額に信託財産留保額を加えた販売価額)の1.05〜3.15%程度(消費税込み)の料率が一般的です。なお、販売口数・金額の大小によって手数料率の異なるものもあります(投資信託の購入時手数料等は自由化されていることから、原則として投資信託説明書(交付目論見書)に記載されている上限料率の範囲内で販売会社が購入時手数料等の料率を定めます)。
 追加型公社債投資信託については、現在、購入時手数料等を徴収する投資信託(ファンド)はありません。
 購入時手数料等(投資信託)
戻る