金融用語辞典
更新日:20150902

追加型公社債投資信託の分類

 ついかがたこうしゃさいとうししんたくのぶんるい
 追加型公社債投資信託とは、運用対象が国債や社債などに限定されていて、株式には投資しない投資信託で、運用開始後も元本の追加設定(資金の途中追加)ができるもののことをいいます。信託期間は無期限のものが大半です。具体的には、「長期公社債投信」「内外債券型ファンド」「中期国債ファンド」「MMF(マネー・マネージメント・ファンド)」「MRF(マネー・リザーブ・ファンド)」などに分類されます。
 MRF(マネー・リザーブ・ファンド)  公社債投資信託  MMF(マネー・マネージメント・ファンド)  中期国債ファンド  長期公社債投信  追加型投資信託(オープン型投資信託)  投資信託協会の商品分類
戻る