金融用語辞典
更新日:20080326

長期プライム・レート

 ちょうきぷらいむれーと
 long-term prime rate
 銀行等が最優良企業に貸し出す、期限1年以上の資金に適用する金利をいいます。貸出先の信用リスクが極めて低いため、その水準は民間向け長期金利の最低限を示すものとされています。金利自由化に伴って、長期プライム・レートの水準は各銀行が独自に決定することとなりましたが、貸出し時点の新発5年物社債の発行者利回りに0.9%程度のプレミアムを上乗せしたレートに決まる例が多いといわれます。なお、短期プライム・レートに期間プレミアム(0.3〜0.5%)を上乗せする方式を採用しているところもあります。
 発行者利回り  期限  金利  レート  信用リスク
戻る