金融用語辞典
更新日:20141225

対外証券投資

 たいがいしょうけんとうし
 overseas portfolio investment
 居住者が資産運用の一環として、海外の株式債券投資信託などに投資することをいいます。かつて、居住者による対外証券投資は外国為替管理政策上、原則禁止とされていましたが、1980年の新外為法により大蔵大臣への事前届出制に緩和されました。さらに、1998年の外為法改正以後、対外取引の自由化、外国為替業務の自由化の2段階を経て、今日では事後報告制度に移行しています。
 株式  債券  対内証券投資  投資信託
戻る