金融用語辞典
更新日:20141225

SOHO

 そーほー
 Small Office Home Office
 SOHOとは、小さなオフィスを持ち、主としてパソコンなどのIT(情報通信技術)を活用して事業活動を行っている従業員10名以下程度の小規模の事業者、もしくはその場所をいいます。ITによる在宅勤務の形態(テレワーク)なども含まれます。ニューヨークやロンドンにある同様の地名をなぞったものともいわれ1990年代半ば頃から用いられ始めた言葉ですが、厳密な定義はありません。オフィス・システムの開発、プログラミング、ゲームソフトの開発、デザインやイラストの作成、建築設計やデザイナー業務などから、会計、税務、法務、ファイナンシャル・アドバイザー業務、保険、教育、医療、福祉などの各種コンサルティングサービスの提供など、主として専門的な資格や技術を持つ人たちが時間や場所に拘束されずに働くことを意味し、さらには一般事務作業やデータ管理、マーケティング業務、ネット・ショップにいたるまで多様なものを含めた言葉として用いられています。また、独立してこれらを行う人だけではなく、すでに実際の店舗や事務所、工場などを持ちながらインターネットのホームページ上で事業活動を行っている人なども含まれます。新たな企業や雇用の受け皿として政府や多くの地方自治体も注目しており、各種団体による支援活動も活発化してきています。
戻る