金融用語辞典
更新日:20130712

損益計算書(P/L)

 そんえきけいさんしょ
 pofit and loss statement
 損益計算(P/L)とは、ある一定期間(通常1年。4月1日〜翌年3月31日など)の会社の営業活動の成果を算定するもので、一定期間の収入金額の合計額と、これに対する必要経費の内訳を記載してその合計額を計算し、1年間の利益を算出する表で、決算に当たり収支をまとめた決算書のことです。この一定期間を「事業年度」または「決算期間」といいます。また、決算の対象となった直近の年度を「当期」、その前事業年度を「前期」、スタートしてまだ完了していない進行中の年度を「進行期」と呼びます。
 損益計算書は、事業年度において発生したすべての収益と費用の流れ(フロー)を活動別に区分し、1つにまとめたものです。すなわち、会社がそれぞれの活動でどれだけ利益を得たか、または損失を被ったかを示した計算書で、会社のその期間の経営成績を表しています。
 全体を要約すると、収益は「売上高」「営業外収益」「特別利益」の3つ、費用は「売上原価」「販売費および一般管理費」「営業外費用」「特別損失」「法人税等」の5つに区分されます。また、収益から費用を差し引いた利益は「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の5つとなります。
 なお、損益計算書の様式は、上から下へ配列する報告式で、売上総利益営業利益経常利益、税引前当期純利益、当期純利益の計算に区分されます。
 売上原価  売上総利益  売上高  営業報告書  営業利益  販売費および一般管理費  報告式  会計帳簿  会社  キャッシュ・フロー計算書  計算書類  経常利益  決算  利益  財務諸表  収益  商業帳簿  税引前当期利益  貸借対照表(B/S)  当期未処分利益  当期純利益
戻る