金融用語辞典
更新日:20181227

税制改正大綱

 ぜいせいかいせいたいこう
 税制改正大綱とは、翌年度の税制改正法案を決定するのに先立って、与党や政府が発表する税制改正の原案のことで、通常、毎年12月に発表されます。政府が国会に提出する税制改正法案の元になります。
 税制改正については、予算と並行して前年春頃から財務省・主計局の作業が開始されます。そして、夏ごろまでに各府省庁から「税制改正要望」が出されます。秋にかけては与党の税制調査会による業界団体等の要望取りまとめも行われます。これを受けて、12月半ばには与党から「税制改正大綱」が出されます。これに沿って、12月下旬には、政府が「税制改正大綱」などを閣議決定し、法律案が内閣法制局で審議され、「税制改正法案」として2月ごろに国会に提出されます。その後、審議を経て3月末までに「改正法案」が成立・公布され、4月1日から施行という流れになっています。
 財政政策  財務省  税制調査会
戻る