金融用語辞典
更新日:20151018

セレクトファンド

 セレクトファンド(選択型ファンド)とは、複数のファンドを1つのグループのものとするファンドのことです。セレクトファンドには、たとえば、国内株式を業種・産業・テーマ別などに区分して構成する「業種別選択型」や時価総額等の規模別に区分して構成する「規模別選択型」、投資地域別に区分する「地域別選択型」などさまざまなものがあります。
 これらファンドの中から好みのファンドを購入することができ、さらに自由に他のファンドにスイッチング(乗換え)することができます。ただ、スイッチングを行う場合、手数料がかかるものとかからないものがあり、また、最低単位を設けているファンドがあったりするため、購入する際には、注意が必要です。なお、大半の国内のセレクトファンドには、資金の待機専用ファンドであるマネーポートフォリオが同時に設定されています。このファンドを利用すれば、相場変動があると思われるとき、投資資金を当該ファンドに待機させることで、相場変動リスクを回避することができます。
 アンブレラファンド  募集・販売単位(投資信託)  購入時手数料等(投資信託)  株式投資信託  マネープール(セレクトファンド)  乗換え
戻る