金融用語辞典
更新日:20150425

住宅ローンの借換え

 じゅうたくろーんのかりかえ
 住宅ローンの借換えとは、現在返済中の住宅ローンよりも金利の低い住宅ローンを新たに借りて既存のローンを一括返済することです。より金利の低いローンに切り替えることにより、今後支払い総返済額を軽減させることができます。
 なお、住宅ローンの借換えを行う目安として3点が挙げられます。
◇新旧のローン金利差が1%以上あること
◇ローン残高が1,000万円以上あること
◇残存の返済期間が10年以上あること
 実際には、シミュレーションにより借換えによる総返済額の減少額と、借換えに必要な諸費用を比較して判断します。また、期間短縮型とする場合、繰上げ返済後の融資期間が10年未満になった場合、「住宅借入金等特別控除」の対象から外れるので、注意が必要です。
 金利  ローン  住宅ローン  住宅ローンの借換え
戻る