金融用語辞典
更新日:20130801

実績報酬型の運用管理費用(信託報酬)

 じっせきほうしゅうがたのうんようかんりひよう(しんたくほうしゅう)
 運用管理費用(信託報酬)の率は通常一定ですが、昨今、運用成果(パフォーマンス)の良し悪しによって運用管理費用(信託報酬)の額が大きくなったり、小さくなったりする実績報酬型(パフォーマンス・フィー)の運用管理費用(信託報酬)を採用している投資信託(ファンド)もあります。
 このような実績報酬型のファンドの運用管理費用(信託報酬)は、通常「基準報酬」と「成功報酬」に分かれています。基準報酬は、投信会社、受託者(信託銀行等)および販売会社の3社を対象としたもので、あらかじめ決められた一定の料率になっています。成功報酬は、投信会社だけを対象としたもので、パフォーマンスにより変動します。
 成功報酬の決め方としては、過去1年間に一定率値上がりし、さらに月次騰落率が特定の率以上、上昇した場合に、その超過分の一定割合を成功報酬とするものや、日々の基準価額が前期末基準価額を一定率超えた場合に決められた割合を成功報酬とするもの、基準価額が過去最高値を上回った場合にその超過額の一定割合を成功報酬とするものなどがあります。成功報酬は、利益が出たら報酬を払うが、利益が出なかったら報酬を払いたくないという、投資家にとって適した報酬体系といえます。ただし、投資家は、基準報酬で固定費用部分の報酬を支払い、さらに追加で実績報酬を支払うというのが一般的です。
 欧米では、成功報酬は一般的で、短期金利分を超えた運用成果に対し、成功報酬を徴収するものが多く見られます。短期金利分を控除するのは、資産を短期金利で運用すればリスクがないことから、運用成果とみなさないという考え方によるものです。成功報酬は、投信の運用成果によるため、投信会社の運用責務が明確化し、運用成果の向上が期待できます。
 基準価額  リスク  成功報酬(投資信託)
戻る