金融用語辞典
更新日:20141025

証券会社

 しょうけんかいしゃ
 証券会社とは、内閣総理大臣の登録を受けて、金融商品取引業務を行う株式会社のことをいいます。金融商品取引業務とは、証券会社が本来業務として行う業務のことです。証券会社が営むことができる業務には、本業のほかに「付随業務」「届出業務」「承認業務」などがあります。金融商品取引業務の内容としては、「有価証券の売買」「有価証券の売買の媒介取次ぎまたは代理」「金融商品取引所市場における売買等の委託の媒介取次ぎまたは代理」「市場デリバティブ取引および外国市場デリバティブ取引、これら取引の媒介取次ぎ代理」「店頭デリバティブ取引またはその媒介取次ぎもしくは代理」「有価証券の清算取次ぎ」「有価証券の引受け」「有価証券の売出し」「有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱い」「私設取引システム(PTS)運営業務」などがあります。ここでいう「売買の媒介」は他人間の有価証券等の売買が成立するように尽力することで、証券会社は名義上も計算上も売買の当事者にはなりません。「売買の取次ぎ」は証券会社の名義で顧客の計算で有価証券等の売買をすることで、証券会社の主要業務となっています。「売買の代理」は顧客の代理人として、顧客の名義および計算で有価証券等の売買をすることをいいます。
 売出し  媒介  外国市場デリバティブ取引  私募  承認業務  代理  代理人  登録  取次ぎ  有価証券(金融商品取引法)  店頭デリバティブ取引
戻る