金融用語辞典
更新日:20130712

所得税

 しょとくぜい
 所得税とは、「個人が1年間(毎年1月1日〜12月31日の間)に得た所得に対して課される国税」のことです。この場合の所得とは、原則として1年間の総収入から、その収入を上げるために直接必要な経費を差し引いた残りの収入のことです。ただし、生活費は経費に入りません。所得には、多種多様なものがありますが、所得税法では、何が「所得」となるのかについて細かく定義しています。また、「所得」には、課税される所得と非課税の所得があります。課税所得については、所得税法で区分されており、それぞれの種類の所得ごとに所得の金額を求め、各所得の金額をもとに総所得金額等を求めることになっています。なお、所得税法上の所得の種類には、「利子所得」「配当所得」「不動産所得」「事業所得」「給与所得」「退職所得」「山林所得」「譲渡所得」「一時所得」「雑所得」の10種類があります。
 一時所得  配当所得  非課税所得  不動産所得  課税所得  給与所得  国税  利子所得  雑所得  山林所得  事業所得  譲渡所得  所得  退職所得  地方税(住民税)  預貯金の利息に係る税金
戻る