金融用語辞典
更新日:20181115

所得控除

 しょとくこうじょ
 所得控除とは、納税者の個人的事情を勘案し、税負担を調整するためのもので、総所得金額から所得控除額が差し引かれ、差引後の金額が課税所得金額となります。なお、所得控除に当たっては、まず雑損控除が行われ、雑損控除の金額控除後、課税所得金額があれば、他の控除が同順位で行われます。
 所得控除には、以下のような14種類があります。
 (1)雑損控除…一定の資産について災害・盗難・横領による損失が生じた場合に損失額もしくは総所得金額の10%などの一定額を控除可
 (2)医療費控除…医療費を支払った場合に10万円超の額など一定額を控除可
 (3)社会保険料控除…社会保険料を支払った場合にその額を控除可
 (4)小規模企業共済等掛金控除…小規模企業共済掛金を支払った場合にその額を控除可
 (5)生命保険料控除…生命保険料を支払った場合に一定額を控除可
 (6)地震保険料控除…地震保険の保険料を支払った場合に一定額を控除可
 (7)寄附金控除…2,000円超の寄附をした場合に一定額を控除可
 (8)障害者控除…本人または配偶者、扶養親族等が障害者である場合などに27万円など一定額を控除可
 (9)寡婦(寡夫)控除…寡婦(寡夫)である場合に27万円など一定額を控除可
 (10)勤労学生控除…勤労学生である場合に27万円を控除可
 (11)配偶者控除…控除対象配偶者がある場合に38万円など一定額を控除可
 (12)配偶者特別控除…その年の合計所得金額が1,000万円以下である者が生計を一にする配偶者を有する場合に一定額を控除可
 (13)扶養控除…扶養親族がある場合に38万円などを控除可
 (14)基礎控除…すべての納税者が38万円控除可
 医療費控除(所得税)  横領  配偶者控除(所得税)  配偶者特別控除(所得税)  扶養控除(所得税)  基礎控除(所得税)  勤労学生控除  雑損控除  地震保険  社会保険料控除  障害者控除(所得税)  小規模企業共済等掛金控除  税額控除(所得税)  生命保険料控除(所得税)  損害保険  定率減税
戻る