金融用語辞典
更新日:20130703

償還乗換優遇

 しょうかんのりかえゆうぐう
 償還乗換優遇制度とは、1991年に導入された制度で、投資信託を償還等まで保有した投資家が、一定期間内に同じ販売会社で、他の投資信託に乗り換えた場合、当該乗り換えた投資信託の購入時手数料等を無料とするまたは割り引くといった優遇制度です。
 この優遇制度の対象となる投資信託は、従来、投資信託約款に当該規定が定められているものに限られていましたが、投資信託の購入時手数料等の自由化以降は、原則として販売会社が当該制度の対象とした投資信託が、償還乗換優遇制度の対象となります。
 購入時手数料等(投資信託)  投資信託  償還(投資信託)  投資信託約款(委託者指図型投資信託)
戻る