金融用語辞典
更新日:20140916

住宅ローン

 じゅうたくろーん
 housing loan
 住宅ローンには、財形住宅融資や自治体融資といった「公的ローン」と、銀行や生命保険会社などが行う「民間金融機関のローン」があります。「公的ローン」は、一般に固定金利金利が低く、しかも返済期間が長いといった特徴があります。
 一方、「民間金融機関のローン」は、「公的ローン」に比べ、融資対象や融資条件が緩やかで、融資金額も大きいといった特徴があります。融資条件としては、「自己の居住用の土地や住宅の取得が目的である」「返済額が年収の一定比率以下である」「ローン申込時の年齢が20歳以上60歳以下である」といった条件が一般的です。
 なお、住宅ローンの金利には、「固定金利型」「変動金利型」のほか、一定期間後、どちらかに変更できる「固定金利選択型」などがあります。固定金利型の代表的なローンである住宅金融支援機構のフラット35の場合、その条件として、「申込人本人または親族の居住用の新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金であること」「年収に占めるすべての借入金の年間の返済額が、年収400万円未満の場合は30%以下、年収400万円以上の場合は35%以下であること」「申込時点で70歳未満であること(親子リレー返済を利用する場合を除く)」「一戸建て住宅等の場合、床面積70u以上であること(上限なし)」など細かな条件が決められています。
 金利  固定金利  ローン  住宅金融支援機構  賞与併用払い  政府系金融機関  土地
戻る