金融用語辞典
更新日:20141025

ジャンク債

 じゃんくさい
 junk bond
 ジャンクとは、「がらくた」の意味で、格付けがBB以下(投資不適格)のデフォルトリスクの高い、信用度の低い債券のことです。ジャンク債は、同期間の格付けの高い、他の債券に比べて利回りが高いことから「ハイ・イールド債」とも呼ばれます。ジャンク債は、利回りの高さから、投資対象として注目されることがありますが、景気が後退するような局面では、発行企業の業績悪化から、当該債券のデフォルトリスクが高まるので注意が必要です。
 ハイ・イールド・ボンド  景気  利回り  債券  債券格付け  信用リスク  投資不適格債
戻る