金融用語辞典
更新日:20150725

金融収支

 きんゆうしゅうし
 金融収支とは、居住者と非居住者との間で行われた資産または負債の受払いを計上したもので、投資に関する収支と外貨準備を合計したものです。投資に関する収支とは、対外資産の増減と対外負債の増減を捉えたもので、「直接投資」「証券投資」「金融派生商品」「その他投資」があります。外貨準備とは、政府通貨当局の管理下にある、国際収支のファイナンスや為替介入のためにすぐに利用できる対外資産のことです。外国為替特別会計や日銀が保有する資産で、その増減を計上します。
 
投資収支の内訳
直接投資出資の割合が原則として議決権の10%以上ある(間接出資先も対象とする)投資家によるすべての取引(投資)
証券投資株式や債券などの証券の取引(直接投資、外貨準備に含まれるものを除く)
金融派生商品オプション取引、先物取引、通貨スワップ金利スワップに係る売買差損益、元本交換差額、金利・配当金など
その他投資直接投資、証券投資、金融派生商品および外貨準備のいずれにも該当しない金融取引
 不動産  株式  金利スワップ  金利  経常収支  契約  固定資産  資本取引  商標権  税関  著作権  通貨スワップ  特許権  土地
戻る