金融用語辞典
更新日:20151215

私募投資信託

 しぼとうししんたく
 pivate investment trust
 私募投資信託とは、一定の限られた投資家を対象に販売されるものです。私募投資信託の中でも、特に適格機関投資家だけまたは特定投資家だけを対象に販売される投資信託を「適格機関投資家私募等」といいます。また、少人数の投資家を対象に販売され、公募にも適格機関投資家私募等にも該当しない形態で販売されるものを「一般投資家私募」といいます。
 日本で設定される投資信託は、従来、公募の投資信託に限定されていましたが、投資家(特に年金基金等の大口機関投資家)の多様な資産運用ニーズに応えるため、1998年12月から私募投資信託の制度が導入されました。私募投資信託の運用については公正取引ルール等の行為規制が適用されます。ただし、商品設計等においては、相対的にオーダーメイド的な性格が強くなることから、その運用やディスクロージャーに関する規制は、公募投資信託より緩やかなものとなっています。
 プロ私募  公募投資信託  年金基金  私募  受益者(投資信託)  少人数私募  適格機関投資家  投資信託  投資信託及び投資法人に関する法律  投資信託のディスクロージャー制度  投資信託の分類
戻る