金融用語辞典
更新日:20151031

実需

 じつじゅ
 株式の取引において、「実需」という言葉を用いる場合、信用取引の空買いの仮需に対する言葉として、現物の買いをいいます。一般に、実需が多くて上昇する相場は強いといえますが、売買高からは実需あるいは仮需のいずれが多いのかわかりません。よって、信用取引融資残の推移から判断するしかありません。また、外国為替の取引において、「実需」という言葉を用いる場合、貿易や資産の取引の裏付けがある外国為替の取引をいいます。
 売買高  外国為替  株式  仮需  信用取引  融資残
戻る