金融用語辞典
更新日:20151018

実質成長率

 じっしつせいちょうりつ
 real growth rate
 実質成長率とは、特に断りのない限り、実質国民所得または実質国内総生産の一定期間(四半期や1年)中の増加率をいいます。成長率とは、一般に数量の増加速度をいいますが、経済関係で用いるときには、国内総生産(GDP)などマクロ経済変数の成長率を指すのがふつうです。
 経済変数の多くは、数量と価格に分けられます。GDPも同様です。このうち数量要素は、その増減が国民需要の増減をそのまま反映するので、その変化を見れば経済実態を正しく把握できます。
 一方、価格要素は物価変動の影響を受けるので、たとえばGDPの見かけの数値(名目値)が2倍になったとしても、その間に物価が2倍に上昇していれば、名目値は大きくなったけれども経済実態は全く伸びていないということがあり、名目値を見るだけでは経済の実態を正しく把握できません。変化を見る場合は物価上昇分を修正した実質値を使うことが必要です。実質値は、名目値を物価指数で除して求めます。このように物価修正した実質値の現在の数字と以前の数字を比較して、その伸び率を求め、これを実質成長率と呼んでいます。
 物価  国内総生産(GDP)  四半期
戻る