金融用語辞典
更新日:20180626

自己売買

 じこばいばい
 dealer transaction
 自己売買とは、証券会社等(金融商品取引業者等)が、投資家や他の証券会社に対して、自己の計算(勘定)において有価証券の売買をすることです。ディーラー業務とも呼ばれ、委託売買(ブロカー業務)に対する言葉としても用いられます。証券会社や銀行は自己売買を行うことによって、自社の利益を確保するだけではなく、市場の活性化をもたらす効果があるとされています。
 証券会社  有価証券(金融商品取引法)
戻る