金融用語辞典
更新日:20180626

CBO

 しーびーおー
 Collateralized Bond Obligation
 CBOとは、企業が発行する複数の社債担保にする証券化商品のことで、ABS(資産担保証券)に属するものです。CBOは、リスク度合いが異なるいくつかの階層に分けて発行されることがあり、そのうち、最もリスクが低い階層のものをシニア債、中間的なリスクの階層のものをメザニン債、最もリスクが高い階層のものをジュニア債と呼んでいます。信用力を示す格付けの高さは、シニア債、メザニン債、ジュニア債の順となり、利金や償還金も同様の順番で支払われますが、利回りの高さはその逆の順になります。なお、同じ発行体でも、リスク度合いが異なる債券には、各々、異なる格付けが付けられています。わが国のCBO市場は、新規発行の社債を利用するCBOが中心ですが、格付けが低く単独で社債を発行することが難しい企業の場合でも、CBOに参加することで資本市場から資金を調達することが可能になったり、発行条件が有利になるなどのメリットがあるとされています。
 ABS(資産担保型証券)  ポートフォリオ  リスク  流動性  債券  CMO  CLO  社債  証券化  タックス・ヘイブン  担保  有価証券(金融商品取引法)
戻る