金融用語辞典
更新日:20151031

GDPデフレーター

 じーでぃーぴーでふれーたー
 GDP deflator
 GDPデフレーターとは、名目GDPを実質GDPで除したものです。総合物価指数と呼ばれることもあります。
 
GDPデフレーター = 名目GDP ÷ 実質GDP × 100

実質GDPは、民間最終消費、民間設備投資、公的固定資本形成など、各名目支出額を別途推計された個別デフレーターで除して得られた実質支出額を積み上げることにより求めます。したがって、GDPデフレーターは支出項目別デフレーターの加重平均値ということができます。
 言い換えれば、GDPデフレーターは付加価値額の値段です。原材料はGDPから除かれるので、消費者物価指数や企業物価指数と違い、原油価格、金属原料等の国際価格が変動しても、直接GDPデフレーターに影響しません。むしろ、賃金や企業利潤率が変動した時にGDPデフレーターは動きます。この点は注意が必要です。また、GDPデフレーターは四半期に一度しか公表されないため、速報性の面では劣っています。
 卸売物価指数(WPI)  パーシェ方式  物価  企業物価指数(CGPI)  四半期  消費者物価指数(CPI)
戻る