金融用語辞典
更新日:20180626

CMO

 しーえむおー
 Collateralized Mortgage Obligation
 CMO(Collateralized Mortgage Obligation)とは、「不動産抵当証券担保債券」と呼ばれているもので、金融機関等が保有している住宅ローン債権を裏付け(担保)として発行されるモーゲージ担保証券(MBS:Mortgage Backed Securities)の派生商品のことです。住宅ローンから発生するキャッシュフローを組み替えて、異なるキャッシュフローのクラスに分割して発行される証券です。
 MBSの裏付けとなっている債権は住宅ローン債権であることから、借換えや繰上返済されることがあります。そのため、ローンプールから発生するキャッシュフローをそのまま投資家に通過させて支払う(パススルーする)仕組みの証券であるMBSのキャッシュフローや利回りは、借換えや繰上返済の状況によって変動します。また、このような変動をあらかじめ予測することは困難です。CMOは、このような変動リスクを軽減するために開発されたもので、いくつかのMBSを裏付けに、キャッシュフローの異なる数種類のクラスの証券にしたものです。
 モーゲージ担保証券(MBS)  派生商品(デリバティブ)  キャッシュ・フロー  繰上返済  利回り  債権  CLO  CBO
戻る