金融用語辞典
更新日:20151028

雑所得

 ざつしょとく
 雑所得とは、所得の種類の1つで、他の9種類の所得のいずれにも該当しない所得をいいます。具体的には、年金や恩給などの公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などのことです。
 雑所得の額は、公的年金等とそれ以外のものに分けて計算し、合計して求めます。公的年金等の収入額からは公的年金控除を差引き、それ以外の収入額からは必要経費を差引きます。その後、他の所得と合算し、確定申告によって納税します。
 なお、公的年金等や原稿料、講演料などは支払の際に源泉徴収が行われます。
 一時所得  オプション取引  恩給  配当所得  必要経費  不動産所得  分離課税  確定申告(所得税)  給与所得  公的年金  利子所得  債券の償還差益に対する税金  先物・オプション取引等の税金  先物取引  山林所得  事業所得  償還差益  譲渡所得  所得  所得税  総合課税  退職所得  抵当証券  割引金融債
戻る