金融用語辞典
更新日:20151028

再評価率

 さいひょうかりつ
 老齢厚生年金等(報酬比例部分)の額は、加入期間中の平均標準報酬額(各月の標準報酬月額標準賞与額の総額を被保険者期間の月数で除した金額)を基に計算されます。その際、過去の低い標準報酬月額標準賞与額を用いると、年金の実質価値が低くなってしまいます。そのため、過去の標準報酬月額標準賞与額を現役世代の手取り賃金の上昇等に応じて見直した上で計算されます。これを再評価といいます。再評価に当たっては、過去と現在の賃金および物価水準の違いを修正するために、過去の標準報酬月額標準賞与額に一定の率を乗じて現在の手取り賃金水準に読み替えます。この乗数のことを「再評価率」といいます。再評価率は、受給者の生年月日、計算の対象となる年ごとに定められています。なお、再評価率は財政再計算ごとに見直されます。
 標準賞与額  標準報酬月額  物価  平均標準報酬額  報酬比例部分  厚生年金保険  老齢厚生年金  財政再計算(年金制度)
戻る