金融用語辞典
更新日:20151225

財政方式(公的年金)

 ざいせいほうしき
 国民年金厚生年金保険の財政方式は、積立方式と賦課方式の両方を取り入れた段階保険料方式が用いられています。段階保険料方式は、年金受給者が時間の経過とともに増え、これに合わせて給付費用も増大していくことから、給付に必要な保険料水準を当初は低めに設定し、段階的に引き上げていき、最終的に収支が均衡するように設定する方式です。保険料水準の引き上げは、5年に一度の財政再計算ごとに行われるのが普通です。
 なお、2004年度の年金制度改革により、2009年度から公的年金の財源のうち、基礎年金の国庫負担が段階的に2分の1に引き上げられました。
 基礎年金  厚生年金保険  公的年金  国民年金  財政再計算(年金制度)  積立方式(年金)/賦課方式(年金)
戻る