金融用語辞典
更新日:20141205

財政投融資

 ざいせいとうゆうし
 fscal investment
 財政投融資とは、税負担に拠ることなく、国債の一種である財投債の発行などにより調達した資金を財源として、政策的な必要性があるものの、民間では対応が困難な長期・低利の資金供給や大規模・超長期プロジェクトの実施を可能とするための投融資活動(資金の融資、出資)です。財政投融資は、有償資金を用いて、資源配分の調整機能と経済の安定化機能を果たしており、中小企業金融や教育・福祉・医療など、民間金融機関では適切な資金供給が行えないさまざまな分野や場面において活用され、国民の暮らしや経済に貢献しています
 財政投融資においては、財政投融資特別会計が財投債等を発行することにより、一括して資金を借り入れ、財投機関と呼ばれる政策金融機関やその他の機関、地方公共団体等へ資金の貸付け等をします。財投機関等は、事業によって得た資金で借入金等の返済をし、財政投融資特別会計はその返済資金をもって、財投債等の償還資金等に充当します。各財投機関は、財投機関債政府保証債を発行して直接資金を調達することもあります。
 財政投融資計画は、予算と同様に国会に提出され承認されます。財政投融資計画は、一般会計の公共事業関係費予算と並んで、公共投資総額の中心的な役割を担っており、景気対策や成長政策の手段として重視されています。
 一般会計予算  財政政策  財投債  財政投融資計画  財投機関債  政府系金融機関  政府保証債  特殊法人
戻る