金融用語辞典
更新日:20140825

債権放棄

 さいけんほうき
 debt write-offs
 債権放棄とは、銀行などの金融機関が、融資先企業の経営再建を支援するために債権の一部もしくは全部を放棄することです。2001年4月の緊急経済対策を受けて、全銀協と経団連は企業の私的整理(債権放棄)についての指針をまとめています。それによると、債権放棄を受ける企業は、主たる事業部門で営業利益を計上していることや法的整理を選ぶより多くの債権回収が見込まれることなどを前提として、まず全債権者の同意が得られる再建計画の作成を義務付け、3年以内に経常黒字が見込まれることなどを条件としたほか、経営者の原則退任、株主減資などで株主責任を取ることなどが盛り込まれました。なお、全債権者がそれぞれの債権額に比例して負担する方式を取るか(これを「プロラタ方式(pro rata)」といいます)、主要取引銀行が中心となって負担するかについて、この指針は「公平性の原則から個別に検討する」となっています。
 営業利益  不良債権  法的整理  株主  企業の私的整理  減資  債権
戻る