金融用語辞典
更新日:20151028

老齢厚生年金

 ろうれいこうせいねんきん
 老齢厚生年金とは、厚生年金保険の給付の1つで、厚生年金保険に1年以上加入していた人が、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしたときに、65歳から老齢基礎年金とともに、在職中の報酬に比例して支払われる年金のことです。
 なお、60歳以上の人で老齢基礎年金を受給するのに必要な資格期間を満たしており、厚生年金の受給資格を満たしている人は、65歳になるまで、特別支給の老齢厚生年金の給付を受けることができます。ただし、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は段階的に引き上げられており、男性は1961年(昭和36年)4月2日以降、女性は1966年(昭和41年)4月2日以降に生まれた人については、特別支給の老齢厚生年金を受給することはできません。
 老齢厚生年金の年金額は、特別支給の老齢厚生年金報酬比例部分の金額と同じで、被用者の平均標準報酬(月)額に、一定の乗率、被保険者期間の月数、物価スライド率などを掛けて計算されます。また、2003年(平成15年)4月に総報酬制が導入されたため、2003年(平成15年)3月までとそれ以降に分けて計算し、その合計額を基に金額が算出されます。
 報酬比例部分  加給年金額  経過的加算  厚生年金保険  老齢基礎年金  受給資格期間(老齢年金)  定額部分  特別支給の老齢厚生年金
戻る